• 2020.1.10

2020コラム 第1回 B-TRを活用した姿勢改善、保持療法

どなたでも、B-TRインソールを活用することで、足底腱から始まる姿勢保持筋の働きが大きく変化します。

基本的には、足部の三点支持部に対して距骨が適正位置に調整されることにより、足元の安定が骨盤位置の鉛直方向への誘導を促します。私はトライアングルテクノロジーと読んでいますが、カメラの三脚同様に三点支持が作る三角形に対して、必ず台座は内側に位置するといった理論です。

実は、インソールに乗った瞬間から無意識に姿勢改善が始まります。ストレスのない姿勢で過ごすために、足部が安定して骨盤誘導が出来る機能が蘇ると、勝手に楽をしたいが為に姿勢が鉛直方向に変化を始める訳です。
治療家にとっての最大の敵は重力である為に、どんなに完璧な施術を行っても、時間が経つと必ず、元の姿勢に戻り、体のゆがみからの疾病も再発します。
筋肉に対してのアプローチには限界があるという事です。骨に対しての適正位置や方向へのアプローチが必要です。
その上で中枢神経による反射能力を高めて、伸展系の筋膜リレーションを活用することで、常に安定した姿勢を保つことが出来ます。

元々、人間の体は身を守るために屈曲系の運動が多くなります。更に、靴や靴から始まった運動理論や指導により、適正な張りを持った身体が維持できずにいる現状があります。
B-TRインソールは、重さが掛かる度に足裏の足底腱に刺激を与えて姿勢に張りを持たせてくれます。先ずは、今までの足裏の緩みを改善させて、張りのある姿勢に導くことが必要です。
更に手足に伸展系の張りやお客様の身体に合わせた運動指導が加わり、少しでも早く姿勢の改善や身体のゆがみが改善してくることで、慢性の筋ストレスや各種疾病の改善や軽減が考えられます。
毎回、運動指導をベースとしたプログラムを提案していきますので、是非、ご活用ください。

関連記事

100歳まで元気でいるための正しい歩き方セミナー
ページ上部へ戻る