• 2019.6.3

2019コラム第6回 楽座衛門による機能回復

この坐骨調整シート楽座衛門は、傾いた骨盤を水平に戻しながら座骨を開く事で腰椎の
鉛直方向への調整と安定を図っています。骨盤の前後傾斜や左右傾斜、左右回旋によって傾きや
回旋が起きている腰椎を無理のない鉛直方向に正す事により、骨盤回りの姿勢保持の為に使って
いる各種筋肉負担の軽減を行う事が可能となります。腰椎が鉛直方向に戻されることにより、
胸椎の姿勢保持反応から胸椎も鉛直方向に移動を始めます。

 

同時に左右方向に対しての回旋も少なくなることから、上体の揺れや回旋に対する姿勢も
整ってきます。この楽座衛門は、基本的な骨盤からの姿勢改善を行う事により、長時間の座位姿勢を
無理なく可能にする事や上体の揺れを少なくすることによる骨盤周辺の疲労軽減や上体の姿勢改善に
よる呼吸器系の働きや精神的な安定も感じる事ができます。

 

通常の座布団の大半は、座り疲れを無くすために柔らかな素材や骨盤の揺れを無くす構造などで、
安定感と座位での気持ち良さを感じさせる構造です。然し、元々前後左右に傾いている骨盤に対しての
対応なので、更に上体の揺れを引き起こし、その揺れを止める為の筋疲労が大きくなっていきます。
気持ち良く感じる座布団ほど身体は弛緩を引き起こしている訳で、最初だけの気持ち良さが、慢性的な
腰痛や肩こりの起因となっている事は知られていません。

 

この楽座衛門には、二つのタイプがあります。初代楽座衛門と二代目楽座衛門です。
初代楽座衛門は、姿勢改善は元より治療効果を考えたもので、前後左右の他に斜め前後方向へ
の八方向へ腰椎胸椎を誘導する事ができます。斜め方向への傾きが調整出来る事により、
左右に偏った筋力反応や運動量に差が無くなり、多方向に向けての座位での体幹力が生まれます。

 

また二代目楽座衛門は、前後左右の四方向への調整ですが、畳めることにより持ち運び可能な特徴や
ナイロン糸を縦網にしてハニカム状にしたバブルラッセルという編み方の手法を使っています。介護系の
ベッドや敷物にも多く、通気性やソフト感を狙った商品です。
勿論、初代も二代目も、姿勢改善を目的に座位におけるストレスを極力無くすために考えたものです。

 

B-TRによる立位での姿勢改善トレーニングから座位でのセミオーダー的な一軸の体幹を感じる事が
出来る楽座衛門は、側弯症や前後弯、特に猫背対策としても十分に活躍してくれる機能を持たせてあります。
骨盤が安定する事で姿勢を正していることが違和感なく行えます。身体が姿勢良く落ち着いて座っていられる
事こそが鉛直姿勢という事です。
生涯に向けて、楽に綺麗な座位姿勢を築けて、健康を維持継続する事ができる。そんな楽座衛門です。
坐骨調整シート

初代 楽座衛門

坐骨調整シート

二代目楽座衛門

関連記事

toriatsunew
ページ上部へ戻る